q
マンション査定では何の書類が必ず必要なの?

 

a
マンション査定の段階では必ず必要となる書類がありません。しかしより正確な適正価格を把握するためにも物件に関する書類はなるべくたくさんあった方が良いです。

当ページではマンション査定で必要となる書類を紹介していきます。

 

 

査定の種類と必要書類

結論から申しまして匿名査定と簡易査定は必要書類はありません。訪問査定も査定の段階では必ず揃えるべき書類はありません。ただし訪問査定の場合物件に関する書類はなるべく集めた方がより適正価格がわかりますのでなるべく物件に関する書類を集めておきましょう。

 

査定には大きく分けて匿名査定、簡易査定(机上査定)、訪問査定の3種類があります。

 

●匿名査定

匿名査定は名前からも分かる通り個人情報入力せずパソコンから簡単におおまかな査定額が把握できます。代表的なものにレインズやイシエル、ホームズなどのサービスがあります。

 

●簡易査定

簡易査定はある程度個人情報や物件情報を入力します。過去の取引事例や部屋の広さ、所在地、築年数などの基本的な情報のみで査定します。一般的にネットを利用して自宅から査定依頼できます。

 

●訪問査定

訪問査定は直接不動産会社の査定士の方があなたのマンションは直接目で見て査定してくれます。マンションだけではなく近隣の環境までチェックしてくれますので、訪問査定はより正確な適正価格が分かります。一般的に売り出し価格の基準となります。

 

簡易査定、匿名査定は必要書類なし

 

 

訪問査定で揃えておくべき書類

訪問査定でも必ず必要となる書類はありませんか以下の書類はなるべく適正価格把握するためにも揃えておきましょう。

 

 

訪問査定で準備しておくべき書類

  • 本人を確認の証明書
  • 登記簿謄本
  • 公図
  • 登記済権利証又は登記識別情報

 

 

査定時になるべく揃えた方が良い書類

  • 購入時の売買契約書
  • 住宅性能評価書
  • 建築設計図書
  • 耐震診断報告書
  • 建物の図面
  • 管理費修繕積み立て金の記載書類
  • リフォーム契約書
  • アスベスト使用調査報告書

 

まとめ

マンション売却で必要となる書類を紹介してきました。査定の段階では必ず必要となる書類は無いのですが権利証等重要な書類はなるべく早めに揃えておきましょう。またマンション売却できる価格は査定額ではなく適正価格です。その適正価格を把握するためにはなるべく細かな物件情報を揃えておくのが良いです。不動産売却と同時に関係書類はなるべく早めに揃えられるように動きましょう。


 このエントリーをはてなブックマークに追加