仲介と買取りの特徴の違い!

家を売るとなると2つの方法があります。1つは不動産会社に買主を探してもらう仲介契約です。もう一つは不動産会社があなたの家を直接買い取ってもらう不動産買取です。これら2つはそれぞれ特徴が異なりメリットとデメリットがあります。当サイトでは仲介と買取について詳しく紹介していきます。

 

仲介業務と買い取り業務の違いはどこ?

仲介の場合 買取の場合
買主 主に一般個人 不動産会社
売却手続期間 買主を探さないといけず手続きが完了するまで順調にいっても3ヶ月程度の売却時間がかかる 不動産会社が購入してくれるため即売却できる。 (手続きの時間もいれて1ヶ月で完了)
売却価格 一般的に相場価格で売却できる。 仲介と比べると売却価格が低くなるのが一般的

仲介とは

不動産屋さんの仲介業は、簡単に言えば自宅の売り手からの依頼を受けて、買い手を広く探し見つけてくることです。 うまく買い手がみつかれば売却も早く済みますが、見つからなければ時間もそれ相応にかかってしまいます。 買取に比べて高値で売却できますので多くの方がこの仲介で依頼しています。

 

少しでも高く売りたい方向けにおすすめです。

仲介の説明図


買取りとは

買取業務とは、不動産屋さんがあなたの自宅を直接買い取る方法を指します。 買取業務のメリットは、なんといっても一連の流れが速いという点で、 すぐにでも自宅を手放してしまいたいという人にはとくにおすすめです。 しかし買取は仲介よりも売却価格が2~3割程度も安くなる傾向にあります。

 

今すぐに売却したい人にオススメです。

買取の説明図

不動産会社への買取査定も可能

不動産も車などと同様に不動産会社に直接買い取ってもらうことが可能で、そのための査定を依頼することもできます。 不動産会社に仲介を依頼して売買するとなると買い手を見つけるだけでも、 時間がかかってしまい売り出し始めても3か月以上の時間がかかるのです。 一方不動産会社が直接買取してくれる場合、最短でも2週間程度で自宅を売却することが可能です。 早く売りたいという方で、売却額が若干安くなっても致し方ないとお考えの方には、 一つの方法として不動産買取を受けてみるというのもいいでしょう。

仲介と買取の違いメリットデメリットグラフ

 

仲介と買取についてのまとめ

仲介と買取についてのまとめ

仲介と買取について細かく説明してきました。一般的に不動産は高額ですので少しでも高く売りたいのが本音だはず。ですので通常の場合は仲介契約で良いかと思います。ただし、実家の空き家の売却など現在住んでいる場所からかなり離れている方だと手間や時間がかからない不動産買取という選択肢も全然ありだと思います
。このように手間や時間をかけたくない方、近所に内緒で売却したい方など特別な事情がある方は不動産買取が便利です。ただし相場の6割から8割になってしまうのでそこが大きなデメリットですので注意してください。買取で不動産を売却する方は必ず複数社に査定を依頼してください。買取ですと査定額=買取額となりますのでなるべく複数の不動産会社に査定を依頼して1番高い不動産会社を選ぶようにしましょう。不動産買取の査定額は結構査定額にばらつきが出ますので絶対に複数社に査定を依頼することがお勧めです。

 

 

仲介

  • 少しでも高く売却したい人

 

買取

  • 早く売りたいした人
  • 手間をかけたくない人
  • 近所にバレずに売りたい人
  • 瑕疵担保責任を負いたくない人
  • 仲介では売却が困難な物件