一般媒介契約と専任媒介契約の特徴の違い!

媒介契約と専任契約の違い

不動産会社と契約する媒介契約は3種類あります。専任媒介契約、専属専任媒介契約、一般媒介契約です。これら3種類の媒介契約はそれぞれ特徴が異なります。そこで当サイトではこれら媒介契約の特徴やメリット・デメリット等を紹介していきます。

媒介契約と専任契約の違いはどこ?

契約の種類一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
他社への媒介依頼XX
自己発見の直接契約X
報告義務義務なし2週間に一回以上1週間に1回以上
有効期間無制限3ヶ月3ヶ月
レインズの登録義務義務なし7日以内に登録5日以内に登録
売買契約を結ぶためには、自宅を売りたい人と買いたい人の両方が契約を締結することが必要であり、 あなたに不動産に関する知識がなければ、不動産屋さんに仲介に入ってもらうことが必要となります。
媒介とは、仲介という意味で、不動産の専門用語としては度々使われている言葉です。媒介とは、仲介、つまり間に入って調整するという意味を持っています。

・媒介契約とは、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つから成り立ち、違いは次の通りです。


・一般媒介契約⇒いくつもの不動産会社と媒介契約を結ぶことができる
・専任媒介契約⇒媒介契約は1社のみとの契約となる
・専属専任媒介契約⇒媒介契約を結ぶのは1社のみなおかつ、自分では買い手を見つけてはならない

 

本当に信頼が出来る会社をみつけたなら、専任媒介契約、まだ分からない時は一般媒介契約で良いと思います。

 

一般媒介と専任媒介図

 

媒介契約と専任契約のまとめ

媒介契約と専任契約のまとめ

媒介契約について細かく紹介してきました。当サイトのオススメはズバリ専任媒介契約です。そもそも不動産会社と契約するときは信頼できると言うのが大前提だと思いますので、専任媒介契約でしっかりとサポートやアドバイスしてもらうのが良いと思います。一般媒介契約より専任媒介契約の方が広告も打ってくれますし、真剣に売却してくれることが期待できます。一般媒介契約ですとどうしても他社に取られたら今までの活動費や広告費が無駄になってしまうのであまり積極的に販売活動をしてくれない傾向にあります。もちろん競争原理が働いて一生懸命売却してくれる不動産会社もあるかもしれませんが…。
一般媒介契約で契約するのをお勧めするのは、売却物件が都心の人気エリアの場合です。人気エリアの駅前など一等地は営業活動をかけなくても広告を打つだけで自然と買主が集まります。このような場合一般媒介契約で複数の不動産会社に宣伝してもらったほうが早く見つかる場合があるからです。

 

当サイトのお勧めの選び方

  • 人気エリア以外は専任媒介契約
  • 人気エリアは一般媒介契約